無料(フリー)掲示板CGIプログラムとwebツール

HitBBS 初めに お約束 設置の基本 見本 DL&更新情報

詳細 取説 設定 スキン

V14.0-設定値

使用している変数の説明です。初期の設定は見本と同じになっています、好みや環境に合わせて必ず変更して下さい。文字の場合は「" '(クォーテーション)」で囲んで設定して、数値の場合は囲まずそのまま設定して下さい(デフォルト値でそうなっています)。

設定値は何もないのはNGで、数値ならゼロ「0;」の半角一文字、文字なら空文字「''; "";」何も挟まないクォーテーションのみが設定値無しを意味します。

文字コードは、基本的にUTF-8ボム無しになっています。

外見を決めるスキンの設定はコチラ

アドレス(URL)に付いて

この掲示板のアドレスは次のようになります。

セットアップ

セットアップはセットアップ用のCGIである「adms.cgi」にセットアップパスワードを付けてブラウザからアクセスします。

https://ドメイン等/adms.cgiがあるディレクトリ/adms.cgi?パスワード

インデックス

各掲示板へ進むインデックは、デフォルトでindex.htmlで出来ています。

※普通のHTMLです。
https://ドメイン等/インデックスまでのディレクトリ/
又は
https://ドメイン等/インデックスまでのディレクトリ/index.html

オートセレクトページ(リダイレクトページ)

このURLにアクセスした時は、自動でモバイルかタプレットかPCか判断して初期設定の第一パラメーターが付き、リダイレクトします。

変数1の内容は$_->{name_last_bbs}初期設定。
変数2は$_->{set_bbsp}のadms.cgiの設定の掲示板の識別名ひとつ分。

https://ドメイン等/adms.cgiがあるディレクトリ/変数1変数2

オートセレクトページは、リダイレクトページの為、通常は掲示板へのリンク用のアドレスとしては使用しません。掲示板にアクセスするには下記の切り替え後のアドレスを使用し、オートセレクトページはあくまでも自動で切り替える必要がある時のためのページとして下さい。

AMP・タブレット・PCの切り替え

上記の掲示板のトップページのアドレスに、初期設定の「webページアドレス切り分け名(第一パラメーター)」を追加する事により、任意に切り替える事が出来ます。

https://ドメイン等/adms.cgiがあるディレクトリ/変数1変数2/第一パラメーター

この掲示板はPC(通常)が標準のページとなります。

掲示板のトップページ(最新ページ)

上記の「AMP・タブレット・PC(通常)」がトップページとなります。新しい投稿から順番に、初期設定で設定された数だけ並びます。最後に「/(スラッシュ)」は入れません。

変数1が bbs、変数2が 01
第一パラメーターが pc
とした場合。

https://ドメイン等/adms.cgiがあるディレクトリ/bbs01/pc

任意のページを開くURL

任意のページを開くには、上記の掲示板のトップページのアドレスに、初期設定の第三パラメーターのページ数用の文字を追加し、その後にページ数を付けます。

26ページを開く、第三パラメーターが p
とした場合。

https://ドメイン等/adms.cgiがあるディレクトリ/bbs01/pc/p26

adms.cgi

CGI実行ファイルです。これはセットアップ用です。
セットアップは、繰り返すと足りないファイル等を作成します。掲示板の削除はしません。

#!/usr/bin/perl
一行目です。アップロードするサーバで指定されているものに変更して下さい。
$_->{dir_priv}

プライベートディレクトリの場所を設定します。
最後に「/(スラッシュ)」は入れないで下さい。
名前を変更する時は、必ず新規のディレクトリを指定し、共用は避けて下さい。

プライベートディレクトリとは、外部(ブラウザ)からアクセス出来ないがCGIからアクセスできる場所(ディレクトリ)を指します。そういった場所をサーバ管理者が用意している事もありますし、アクセス権を工夫する事で出来る事もあります。

$_->{dir_bin}
スクリプトディレクトリ「bin」の場所を設定します。
最後に「/(スラッシュ)」は入れないで下さい。
デフォルトでは、adms.cgiの直上の場所が指定されています。
$_->{setup_pas}
セットアップ用のパスワードを設定します。
スペースを除く半角英数字で指定し、文字数は十文字程度を進めます。
$_->{set_bbsp}
個々の掲示板のアドレスに使われる名前の一部で、各掲示板の識別名です。
スペースを除く半角英数で名前を設定します。
ハイフン(-)やアンダーバー(_)は使わない方が無難です。
掲示板全体の名前と繋がり、掲示板へアクセスするためのURLの一部となります。
半角スペースで区切り、作成したい掲示板の数だけ並べます。
$_->{set_titl}
作成する掲示板のタイトルを設定します。
半角スペースで区切り、いくつか並べます。
並び順は、$_->{set_bbsp}に同じです、必ず同じ数にして下さい。
$_->{set_pasw}

掲示板の管理用パスワードリスト
ハイフンとアンダーバーを含む半角英数で設定し、半角スペースで区切りいくつか並べます。
これも、並び順は、$_->{set_bbsp}に同じです、必ず同じ数だけ並べて下さい。
このパスワードは、管理人が投稿の削除に使います。
それぞれが各掲示板のパスワードとなり、掲示板毎に別々にする事が出来ます。

これは初期値なので後で変更してもパスワードは変わりません、変えるには、セットアップで作成された個別の掲示板本体のCGIを編集する必要があります。

$_->{time_out}
タイムアウトの時間設定です。サーバのタイムアウトより長い場合は、先にサーバーのタイムアウトで終了します。メール送信は30秒固定です。
$data_set
初期設定データのファイル名を設定します。
セキュリティー向上の為、設定データのファイル名を変更した時は、それに合わせます。
$spam_pl
スパム規制用ファイルの名前と場所を設定します。
最後に「/(スラッシュ)」は入れないで下さい。
デフォルトではadms.cgiと同じディレクトリにあります。

上へ

mail.cgi

CGI実行ファイルです。閲覧者から投稿者へのメール送信用(連絡用)です。

#!/usr/bin/perl
同上
$_->{dir_priv}
同上
$_->{dir_bin}
同上
$_->{disassembled_mail}
1を設定するとメール送信機能が止まります。デフォルト設定で0です。なお、mail.cgiファイルを削除しても止まります。
$data_set
同上
$spam_pl
同上

上へ

outside.cgi

CGI実行ファイルです。他のサイトへ移動するジャンプページ用です。
コメント欄にURLを書き込むと、このCGIにリンクされますが、このファイルを削除するとリンクされなくなります。

#!/usr/bin/perl
同上
$_->{dir_priv}
同上
$_->{dir_bin}
同上
$data_set
同上
$spam_pl
同上

上へ

spam.cgi

スパム規制ファイルです。実行ファイルではなく、スパムやアクセス規制を登録するファイルです。登録部分は、ヒアドキュメントになっています。

掲示板にアクセスした時や、投稿した時などに規制が働きます。

規制項目

IPアドレス規制

「### IPアドレス規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に挟みます。
既にいくつか入っていますが、こんな感じで一行に一つずつ入れると、投稿が制限されます。
「123.456.」このように減らして入れると、123.456.0.0~123.456.255.255まで規制されます。
※アドレス一塊の数字は255までしかありません。

IPV6の場合は、上位の半分を指定して下さい。下位は変動する場合が殆どです。

クッキー規制
「### クッキー規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に一つずつ挟みます。投稿ログを見る事でクッキーが確認できます。
リファラ規制
「### リファラ規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に一つずつ挟みます。
リファラスパムやリンクされたくないドメインなどを設定します。
UA(ユーザーエージェント)規制
「### UA規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に一つずつ挟みます。
UAの一部を設定すると、それが含まれるもの全てが規制されます。
検索ボット(クローラー又はスパイダー)を規制するのに便利です。
文字規制

これは投稿時の規制です。
半角スペース及び全角スペースは指定できません。一部の半角記号は文字参照や全角文字等に置き換える必要があります、ブラウザのソースやログで確認して下さい。
適用される投稿欄は、タイトル・名前・コメント・メール、です。
ユーザー間メール用のフォームは適用されません。
投稿されたくない語句を指定する事によって、荒らしやスパム投稿を防ぐのに有効です。

「### 規制しない文字ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に挟んだ文言は許可され、規制よりも優先されます。

「### 文字規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に一つずつ挟むと規制されます。

V14は他のバージョンとは動作が異なりますので注意して下さい。

例えば「馬鹿らしくて」を規制しない文字として設定し、「馬鹿」を文字規制に設定すると、「馬鹿やろう」は規制されますが、「馬鹿らしくてやってられん」は規制されません。

メール規制

これはユーザー間メール用フォームから送信しようとした時のアドレス規制です。
宛先と返信用 e-mail の両方で規制されます。
書き方は「aa@example.com」という様にフルで指定するか、「@example.com」という様に@を含めたドメイン部分を指定して下さい。
投稿されたメールアドレスは、暗号化されているので管理人にも分かりません。
問い合わせがあった時や、予め判明しているスパムのe-mailに有効です。

「### メール規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間にe-mailを挟むと規制されます。

メール規制2

これはユーザー間メール用フォームから送信しようとした時のユーザーID規制で、差出側と宛先側のどちら側でも有効です。

「### メールユーザーID規制ここから ###」の行から「### ここまで ###」の行の間に15桁のユーザーID番号を挟むと、そのユーザーは規制されます。
ユーザー間でトラブルが起きた時にメール送信を禁止できます。

上へ

v14_dats.cgi

初期設定ファイルです。実行ファイルではありません。プライベートディレクトリの中にあります。

----- 初期設定 -----

共通名、識別名、アドレス切り分け名、等には完了ページを表す「retun」の文字は使えません。

掲示板作成CGI名
$_->{name_last_bbs}
各掲示板の共通名になります。
これは、個々の掲示板の識別名($_->{set_bbsp})とつながってURLの一部となります。
例えばこの設定が「bbs」個々の掲示板名が「10」の場合、掲示板本体を示す名前は「bbs10」となります。 氏名の苗字と名前の様な関係です。
webページアドレス切り分け名(第一パラメーター)

モバイルやPC等の機器によりページを分ける為の文字です。半角で英語小文字のみで、2文字以上で設定して下さい。URLの一部となります。使用しない物は空文字「'(クォーテーション)」に何も入れない状態にします。

パラメーターを変更するとURLの「掲示板名」以降の部分が変化します。

$_->{name_amp}
AMPページ用です。これが含まれるアドレスにアクセスするとAMPのスキンが表示されます。
$_->{name_tab}
タブレットページ用です。
$_->{name_pc}
パソコン(通常)ページで標準です。
webページアドレス切り分け名(第二パラメーター)

画像ページやフォームページをさらに細かく分けるものです。こちらも半角で英語小文字のみで、2文字以上で設定して下さい。URLの一部となります。

$_->{select_imge}
拡大画像ページです。
$_->{select_res}
一行コメントフォームです。
$_->{select_new}
通常投稿フォームです。
$_->{select_dele}
投稿削除ページです。
webページアドレス切り分け名(第三パラメーター)

ページ数、コメントID等の数値を判別する為のものです。半角で英語小文字で、1文字のみで設定して下さい。URLの一部となります。

$_->{select_pageno}
ページ数です。
$_->{select_commid}
コメントIDです。
$_->{select_imagno}
画像番号です。
オートセレクト値

オートセレクトで判別される機器を関連付けます。0を設定すると、その機器でアクセスするとエラーになります。タブレットに1を設定した場合、タブレットでアクセスするとAMPページが表示されます。

$_->{read_sp}
スマートフォンにAMPページを関連付けるには1を設定します。
$_->{read_tab}
タブレットにタブレット用ページをページを関連付けるには2を設定します。
$_->{read_pc}
PCにPC用ページを関連付けるには3を設定します。
イメージマジックコンバート
$_->{image_magick}
イメージマジック(Image Magick)のパスを設定します。
サーバにより、値が違う事があります。
パーミッション8進法

パーミッションを8進法の数値で設定します。値の最初に0を付けると8進法の指定になります。値はクォーテーション等("" '')で囲まないで下さい、囲むと数値ではなく、文字扱いになります。

$_->{permission_cgi}
実行ファイルのパーミッションです。実行権を付けます。
$_->{permission_log}
ログファイルのパーミッションです。基本的には、外部から閲覧できず、CGIからは読み書き出来るように設定します。
既存DIRパス(最後に「/」は入れない)

掲示板で使用される既存のディレクトリパスを指定します。デフォルト値では実行ファイルから見た相対パスが設定されています。 ディレクトリ構造を変更した場合は、この値とURLの値をそれに合わせて両方の値を変更する必要があります。

$_->{dir_img}
画像(imgs)ディレクトリの場所を設定します。
クッキーの設定
$_->{cookie_patch}
クッキーの有効範囲(path=)を設定します。URLに合わせて変更が必要になります。
通常は、ドメイン直下から掲示板を設置した直上のディレクトリまでをスラッシュを含めて設定します('path=/設定値など/')。なお、この値を空文字にしたときは、自動で設定されます(上手く行かない事もあります)。
クッキーが無効だと投稿できません。投稿が出来ない時はこの値が間違っている可能性があります。
トレースログ(0で記録する。1で記録しない)
$_->{trace_off}
不具合などの問題解決に使われるログ(トレースログ)の記録を止めます。通常は不要なので1を設定します。
タイムゾーンシフト
$_->{time_shift}
海外サーバで表示時間が合わない時に0以外を設定すると、その分表示時間がずれます。時間単位で設定し、マイナス値も設定できます。例えば-1.5で一時間半遅れます。サーバの移転をした時に表示時間がずれた場合も有効です。

----- 掲示板の設定 -----

全ての掲示板の動作モード

掲示板の動作モードを数値で指定します。

$_->{command_mode}
0,通常の動作です。1,一行コメントが禁止されます。2,一行コメント及び通常投稿が禁止され、閲覧のみになります、投稿の削除は可能です。
$_->{delete_mode}
1で投稿の削除を禁止し、投稿者の削除機能が無効になります。設定しても管理人パスワードなら削除できます。
$_->{show_variable}
$H->{****}の変数を一覧表示します。ページに使われている変数のチェックが出来ます。
もし、「●ヌルポインタ●」の変数があればそれはバグです。
$_->{auto_select_on}
スマホやPCを自動で判別してリダイレクトするオートセレクトページを使用します。0で無効になります。1で使用可能になります。
スマホ専用またはPC専用などにしたりSEO対策で不要な時に変更して下さい。
ホームタイトル
$_->{title_home}
貴方のホームページのタイトルを設定します。この内容は、BBSのスキンとユーザー間メールにホームページのタイトルとして使われます。
掲示板グループの名前
$_->{title_group}
この掲示板群の総称です。掲示板のグループ名としてスキンで使われます。
その他文字表示

ページに表示する文字です。好みにより変更して下さい。

$_->{new_arrivals}
最新の投稿を表示させるページの文字で、通常はページの数字になっている所(変数 $H->{valPageNo})が最新ページを表示させた時にはこの値と入れ替わります。
$_->{var_spare1}
予備です。$H->{****}変数が使える場所全てで表示できます。「ヘルプ」や「お問い合わせ先」などのリンクを表示させるのに適しています。
$_->{var_spare2}
同じく予備です。スレッドページに表示できます。例えば、頻繁に書き換える「更新内容」「メンテナンス情報」などに適しています。
URL

アドレス(URL)を設定します。値の最後に「/(スラッシュ)」を入れないで下さい。これらの設定は、スキンで使われ、間違えるとリンク切れを起こします。

$_->{url_home}
貴方のサイトのアドレス(最上位のホームページ)を設定します。ファイル名などは省きディレクトリの形で、httpからの入力となります。初期値で環境変数が使われていますが、通常のURLで指定しても問題ありません。
$_->{url_group}
掲示板グループのインデックスがあるページのアドレスを設定します。
$_->{url_dir}
掲示板グループのディレクトリのアドレス。これは、セットアップ用の「adms.cgi」をアップロードしたディレクトリの場所が掲示板グループのアドレスとなりますので、その場所を設定します。
$_->{url_css}
CSS外部ファイルのアドレスを設定します。
以下のURLは、通常は変更不要です。
$_->{url_bbs}
個々の掲示板CGIの最新ページ。
$_->{url_out}
外部に移動するジャンプページ。
$_->{url_mail}
ユーザー間メールフォームのアドレス。
$_->{url_img_dir}
画像ディレクトリのアドレス。
画像ディレクトリを変更した時は変更する必要があります。
$_->{url_bac_img}
画像が削除されたなどでの代替画像のアドレス。
最小値 最大値
$_->{max_post}
投稿時の最大送信量をバイト単位で設定します。デフォルトで10MBの設定になっています。
$_->{max_title_byte}
タイトル文字の最大容量をバイト単位で設定します。日本語は1文字3バイトになります。
$_->{max_name_byte}
名前の文字の最大容量をバイト単位で設定します。
$_->{max_comment_byte}
コメントの文字の最大容量をバイト単位で設定します。
$_->{max_oneline_byte}
一行コメントの文字の最大容量をバイト単位で設定します。
$_->{max_image_file}
一度に投稿できる画像の枚数を設定します。
値は0から9までです。
$_->{max_gif_size}
GIF画像最大サイズ(寸法)をピクセル単位で設定します。縦か横のいずれかこのサイズより大きなGIF画像は投稿できません。
$_->{max_image_size}
GIF以外の画像最大サイズ(寸法)をピクセル単位で設定します。このサイズより大きな画像は、このサイズに収まる様に縮小されます。
$_->{min_image_size}
すべての画像の最小サイズ(寸法)をピクセル単位で設定します。縦横のどちらかこのサイズ未満の画像は投稿が禁止されます。
$_->{max_page_keep}
掲示板のページの最大保有数です。この設定は最大ページ番号ではなく、存在可能なページの数です。この数値を超えた場合には古いページから削除されたりします。
$_->{max_newest_list}
掲示板のトップページ「最新」で表示する投稿の数です。最新ページは通常のページとは異なり、新しい投稿からこの数の分だけの投稿を表示します。
$_->{mark_size_amp}
AMPマークアップに画像の幅で画像スキンを切り替えられます。設定値以上で「大きな画像用」のスキンとなり、未満は「小さな画像用」になります。
設定する場合の値は1200になります。
$_->{mark_size_normal}
AMP以外のマークアップに画像の幅で画像スキンを切り替えられます。
設定する場合の値は696になります。
ページ最大保有数を超えた時の動作(0,何もしない、1,古いものから削除、2,投稿禁止)
$_->{over_page_keep}
ページ最大保有数を超えた時の動作を数値で指定します。0で何もしません。1で古いページを削除します。2で投稿が禁止されます。
コメントの入力を必須にします
$_->{comme_required}
コメント欄の入力を必須にしたい時は1を設定します。
一行コメントフォームの名前欄を必須にします
$_->{resp_required}
一行コメントフォームの名前欄の入力を必須にしたい時は1を設定します。
ページを飛ぶリンクの飛ぶページ数

掲示板には別ページへ飛ぶリンクが表示できますが、そのリンクで飛ぶページ数を好みに合わせて変更できます。

$_->{page_jumpNom_low}
10ページ毎に飛ぶリンクの飛ぶページ数です
$_->{page_jumpNom_sec}
100ページ毎に飛ぶリンクの飛ぶページ数です。
$_->{page_jumpNom_top}
1000ページ毎に飛ぶリンクの飛ぶページ数です。
ヒストリーON,OFF

そのページで戻るボタンを使用するかしないかを設定します。0で使用しません、1で使用します。新たにブランクページで開かれるページは、戻る必要が無いので0を設定します。

$_->{hon_img}
画像拡大ページです。デフォルトスキンでブランクページに表示する様になっていますので0が設定されています。
$_->{hon_index}
掲示板(スレッドページ)です。
$_->{hon_fom_new}
投稿フォームです。
$_->{hon_fom_res}
一行コメントフォームです。
$_->{hon_fom_del}
投稿削除フォームです。
戻るボタン初期値
$_->{backLink}
戻るボタンの初期値のアンカータグを設定します。「href=""」は自動で追加されるのでここでは不要です。デフォルト値は「<a>&#9664;戻る</a>」
ナビゲーションリンク

ページが複数ある時の別ページへ飛べるリンクで、ページの数字で表示されるリンクの並ぶ個数などを好みにより変更できます。

$_->{navi_nom_amp}
AMPページ「数字」の並ぶ個数
$_->{navi_nom_tab}
タブレットページ「数字」の並ぶ個数
$_->{navi_nom_pc}
PC(通常)ページ「数字」の並ぶ個数
$_->{navi_go_right}
0を設定すると数字が左から並びます、1を設定すると右から並びます。
矢印は変更されないのでページナビのスキンを編集して対応する必要があります。
画像ページのimageタグの画像表示寸法の最大値(画像ファイルそのものは小さくなりません)

画像拡大ページにて、この値より大きな画像は、imgタグのwidth値とheight値がこのサイズに収まる様に調節されます。0を設定するとこの機能は無効になります。スキンレイアウトや好みに合わせて利用して下さい。

$_->{view_size_amp}
AMPページ
$_->{view_size_tab}
タブレットページ
$_->{view_size_pc}
PC(通常)ページ
サムネイルサイズ

サムネイル縮小画像の幅と高さの変更ができます、単位はpixelです。

$_->{thum_width}
サムネイルの幅です。
$_->{thum_height}
サムネイルの高さです。
スレッドのコメントの並び方
$_->{go_down}
スレッドページのコメント(投稿)の並び方を指定します。0を設定すると下から順番に上へ並びます。1を設定すると上から下へ並びます。「最新」ページでは常に新しい物ほど上に行きます。
管理人投稿用の名前
$_->{admin_name_check}
この掲示板は、名前欄に「管理人」と入力して投稿ができません、代わりに、この設定で指定した文字列で投稿すると、投稿者名に「管理人」が表示されます。ハイフン(-)、アンダーバー(_)を含む半角英数字(スペースと記号は除く)で設定して下さい。
$_->{admin_name}
上の「管理人」の名前を指定します。好きな名前に変更できますが使える文字は、全角文字・半角英数字・ハイフン・アンダーバーで、半角スペースと半角記号は「文字参照」に置き換える必要があります。なるべく全角文字にして下さい。
パスワード識別文字
$_->{angoun_no}

パスワードを識別するための文字列です。半角英数字(A~Z a~z 0~9)の範囲で、10~20文字で設定して下さい。後でこの値を変更した場合、変更以前のパスワードは使用できなくなります、元に戻した場合はまた使用できるようになりますが、今度は変更した後に投稿されたパスワードが使えなくなります。

この設定で投稿者のパスワードが流出した時に、以前のパスワードを無効化出来ます。

----- ユーザー間メール -----

メール設定
$_->{mail_form}
送信元メールアドレスを設定します。
通常、管理人(貴方)のメールアドレスを入力します。
デフォルト値から必ず変更して下さい。
$_->{sendmail}
sendmailコマンドの設定です。
オプションの変更は通常必要ありませんが、コマンドパス値はサーバに依存します。
「/usr/sbin/sendmail」の部分がコマンドパスで、「 -i -t」部分がオプションです。
表示文字設定
$_->{mail_subject}
メールサブジェクトです。長すぎず分かりやすいものにします。
$_->{confirmation_mail}
確認メールに追加される文言です。好みにより変更して下さい。

詳細 取説 設定 スキン

HitBBS 初めに お約束 設置の基本 見本 DL&更新情報


HitBBS (c)
 管理人:ひとちゃん